研究・開発

HOME < 事業案内 < 研究・開発

事業案内

わたしたちは、人々の生活がより快適に、より安全になるような有用でユニークな商品を創造し、世の中に貢献する企業でありたいという強い願望を持ち、意思伝達装置の開発に力を注いでおります。

イメージ

「まばたき」を使った意志伝達装置

我が国には、極度に運動機能が低下して「話す」などが困難な重度な意志伝達機能障害の方々が50万人以上存在すると言われております。

この様な障害は、「QOL(Quality of life:生活の質)」を著しく低下させます。

しかしながら、この様な障害を抱える方がご家族や介護する方との意思伝達を円滑に行うためのツールは無いに等しいのが現状です。

今後、益々高齢化が進む我が国では、意思伝達障害を持つ方々も増加し、その方々の生活の質を向上させる技術開発が重要になってくる事が想定されます。

そのような重度障害者向けの意思伝達装置として私達は、「まばたき」を活用した意思伝達装置の開発を進めております。

弊社で長年にわたり販売してきた筋電計「EMG-EYE」の技術を活かし精確な動作を実現するとともに、取り付け取り外しが容易で誰でも扱いやすい製品にすることを目標にしております。

まばたきを使った意志伝達装置

開発イメージ

まばたきを使った意志伝達装置