筋電計

HOME < 筋電計

筋電計
お問い合わせ

私たちは、世の中に貢献する企業でありたいと強い願望を抱き、 人々がより快適により安全な生活を営めるようなユニークで創造的な商品を具現化することでその実現を図っております。 特に独自のセンサーの開発に力を注いでおり、そのひとつとして筋電計を社会に提供しております。

Wireless筋電計「EMG-EYEU」

イメージ

当社ではこの度、従来より販売しておりましたWireless筋電計「EMG-EYE」をリニューアルし、新しく「EMG-EYE2」を発売致しました。
 当社のWireless筋電計は、従来より社内で培った有線型筋電計の設計資産を利用し、データ取得精度を損ねることなく廉価で取り扱いの容易な筋電計です。 チャンネル数は「1Ch型」「4Ch型」「8Ch型」をご用意、またセンサーも「乾式センサー」と「湿式センサー」の2つのタイプをご用意しております。
 計測する筋電データはサンプリング周波数500Hzで、従来と同様クリーンなデータを取得しております。
取得したデータは、PC(WindowsもしくはAndroid端末)の専用アプリケーションで簡単にリアルタイム波形として観測することが出来ます。波形は、「生データ」もしくは「RMS加工データ」を選ぶことができ、取得したデータはCSVファイルとして保存します。
 また、Wireless通信では避けては通れない取得データの途切れ対策として1Mbitバッファを用意し、取りこぼしのない様にしております。
 この度リニューアルいたしました「EMG-EYE2」は、無線通信方法として「Bluetooth 4.2 Low Energy」を採用することで、従来製品と比べて約2倍の連続使用時間を実現しております。 「1Ch型」「4Ch型」「8Ch型」に加え「16Ch型」の販売に向けて引き続き開発を進めております。



Wireless筋電計「EMG-EYE」

  ※販売終了いたしました イメージ
Adobe Reader

PDF形式のデータををご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。


有線型「GL-2705-P02」4Ch筋電計

  ※販売終了いたしました
イメージ イメージフロー

筋電計とは筋肉が発する微弱な電流を皮膚表面に貼って検知するセンサー部と、 その微弱な電流をパソコンや電子機器に信号として送出するアンプ部で構成されています。
筋電アンプは筋電センサーから送られてくる筋電情報をパソコンなどの上位機にデータとして送る役目を果たします。
このとき生の筋電情報にはノイズが含まれており、このノイズを排除する必要があります。
そこで「GL-2705-P02」の筋電アンプではハイパス、 ノッチフィルターなどを採用することにより可能な限りクリーンな筋電情報の提供を可能にしています。
パソコンとのインターフェースには、USB接続するだけで簡単にご使用いただけます。
送信された筋電情報を波形としてパソコン画面に表示したりパソコン内に保存するアプリケーションソフトウェアも添付いたしました。
多くは大学や各研究機関でご利用いただいています。
私たちは筋電計を利用した研究や商品の市場拡大を願い、より安価で、 より使いやすくそして信頼性の高い製品を目指してさらなる開発を続けています。