実験小動物自動飼育装置

HOME < 実験小動物自動飼育装置

筋電計
お問い合わせ

マウスの飼育を自動化しませんか?

実験小動物自動飼育装置 Robo Rack(R)

イメージ
ロボラックって何!?
人にもマウスにもやさしい、新しい飼育システムです。

こんな経験ありませんか?

  • ケージ交換中にマウスに噛まれたことがある
  • ケージ交換中にマウスが脱走したことがある
  • 飼育中の、マウス同士や作業者との(接触)感染が心配だ
  • 研究が本来の仕事のはずなのに、マウスの飼育に時間を取られる
  • ケージ交換を人に頼んだら断られた。でも自分ではあまりやりたくない。

↓ひとつでも当てはまる方は、
Robo Rack(R)をご検討ください。

人とマウスにやさしいポイント

  • 人の手を介さないから・・・
    作業者がマウスに噛まれることがありません。
    マウス同士、またマウスと作業者間の感染リスクを軽減できます。
  • マウス飼育に特化した独自構造だから・・・
    振動と騒音を抑え、マウスへのストレスを軽減します。
    マウスが脱走する隙間がありません。
  • 自動でケージ交換を行うから・・・
    飼育方法や飼育条件を、作業者に左右されることがありません。
    ほぼ同じ条件下での飼育ができるため、実験の精度向上が期待できます。

  概要

イメージ カスタマイズ承ります!

カスタマイズも対応いたします。
サイズ、機能、etc... まずは一度ご相談ください。

〜▽実際の動作を収録した動画の資料も御座います。▽〜
詳しい資料の請求、お問い合わせはこちら


Adobe Reader

PDF形式のデータををご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。